更年期障害治療で体の調子完全元気【Fineな毎日を過ごす】

医者

原因から対策

耳鳴りの原因に関して

医者

耳鳴りのほとんどは、本人にだけ聞こえる自覚症状です。65歳以上の高齢者は、30%弱が耳鳴りの経験があると言われています。内訳として、内耳が原因の症状、難聴を伴った耳鳴りの割合が多いと言われています。本人にだけ聞こえる耳鳴りには、生理的な原因、病気が原因、原因不明と3種類に分類されます。生理的な原則で起こる症状は、寝る前等真っ暗な環境で感じる症状で、聴覚に異常はありません。病気が原因で起こる症状は、外耳、中耳、内耳を通って、聴神経により脳に伝達されます。この経路のどこかに異常がある場合、傷みとして起こる症状です。この症状が起こった場合、ほとんどの人が、耳鳴り、難聴といった症状も伴っています。この症状の原因は明らかにされていません。

健康状態をチェックする事の重要性

耳鳴りを引き起こす病気としては、外耳、中耳、内耳といった耳の病気があります。突然、回転性のめまいが起こり、難聴を伴うメニエール病も内耳の病気に分類されます。その他、聴神経炎等の聴神経の病気や脳梗塞、脳出血といった脳の病気があります。このように、耳鳴りを症状とする病気はわかっていますが、原因を特定するまでには、なかなか至らないのが現状です。特に、脳の症状として起こる耳鳴りは、危険な状態です。メニエール病等の治療、検査も重要ですが、それ以外の病気が原因で起こる耳鳴りを感じた場合の方が危険な状態と言えます。耳鳴りの症状が出る前に、定期的に健康診断等を受診し、脳を含め、自分の、健康状態をチェックする事が重要になります。